ホーム » NFTニュース » CoinbaseNFT早期アクセスの登録待ち人数が100万人を突破

CoinbaseNFT早期アクセスの登録待ち人数が100万人を突破

share

Share on facebook
Share on pinterest
Share on twitter
Share on email

申し込みの待ち人数が100万人を突破


10月12日に開始されたCoinbase NFTの申込数が100万件を突破しました。
10月14日13時に筆者が登録したところ1154839待ちで、招待リンクから登録される人数が多いと順位が上がっていく仕組みになっています。

PRTimesのプレスリリースによると、イーサリアムベースのERC-721と ERC-1155の規格のみでのサポートとなる予定で、早いタイミングでマルチチェーンサポートを導入する予定です。
ローンチの際は日本語は非対応であり、順次対応していくとのことです。

OpenSeaの競合相手に?


海外紙によるとCoinbaseは2021年第2四半期の時点で約6800万人のユーザーと約880人の月間アクティブユーザーを擁しています。
現在NFTのプラットフォームといえばopenseaが第1に挙げられることが多いですが、もしかするとCoinbaseNFTが競合相手として名乗りでるかもしれません。

OpenSeaの月間アクティブユーザーは平均で26万人、1ヶ月の取引数は250万件近くにのぼっています。


CoinBaseNFT登録方法

下記のリンクから登録が可能です。 右上の方にありますJoin waitlistをクリックし、メールアドレスを入力することで申請待ちに参加す